アスペルガー症候群とは?夫がそうかも?その症状とチェック方法

未分類

発達障害(ASD)の一つアスペルガー症候群とはどのような症状なんでしょうか?

こんにちは。3人の子どもを育てているひげメガネです。

 

今回は発達障害の一つ、アスペルガー症候群について詳しく調べたいと思います。また、アスペルガー症候群の子供とどう向き合っていくか?もしかしたら夫がアスペルガー症候群かも?などを調べたいと思います。

 

アスペルガー症候群とは

自閉症スペクトラム(ASD)の1種で診断時期や基準でアスペルガー症候群や高機能自閉症や広汎性発達障害と分けられているんです。

 

アスペルガー症候群の主な症状

アスペルガー症候群はコミュニケーションを取るのが苦手で興味や活動が限定されるようです。自閉症スペクトラムの中でもアスペルガー症候群は言葉や知恵遅れがない障害です。

 

特徴は、遠まわしな表現をしたり、表情やしぐさから相手の感情を読み取ること苦手なため、自分の話ばかりしてしまったり、相手が傷つく言葉を言ってしまったりするなどがあるといわれています。

 


他にも、アスペルガー症候群には、ルーティンが崩れたり新しい環境へ適応が必要になったりするなど変化に対する抵抗が強くあったり、親しい友人が作れなかったり、不器用などともいわれています。

 

 

アスペルガー症候群・夫がそうかも?でも実は?

「うちの夫、アスペルガー症候群かも?」という話が相談ではよくあるみたいです。「外面は良いけど家の中ではなにもしない」「一から十まで指示をしないと何もしてくれないので疲れてしまう」「神経質で突然怒鳴り出す」などの話がよくあるみたいなんですが、

 

アスペルガー症候群の診断結果には、おおまかに分けて3つのケースが考えられます。

 

1つめは、ご主人に受診してもらって検査などをした結果、たしかにアスペルガー症候群だというケース。

 

2つめは、ご主人に受診していただくと、特に問題なく、診断上もアスペルガー症候群ではないというケースです。最近はコミュニケーションに問題があるとすぐ、発達障害やアスペルガー症候群と思い込んでしまうからかもしれません。奥さんのお話を聞いているとASDの傾向は見受けられますが、医学的には発達障害ではないというケースは多いです。

 

3つめは、実は妻のほうが実はADHDというケース。奥さんの言い分のみを聞いていると、たしかにご主人はASDのように見受けられるけれど、診断結果では発達障害ではなく、実は女性の側がADHDということがあります。

 

発達障害の診断では、どちらか、片方からの訴えのみを聞いて判断をすると誤ることが多々あるようです。双方の言い分を聞くことが大切のようです。

 

アスペルガー症候群・子供の症状

アスペルガー症候群は言葉や知能に遅れがないので子供の頃には気づきにくかったんですが、最近は子供の頃のアスペルガー症候群の特徴が分かってきたようです。

 

「ひとり遊びが好き」「人とするごっこ遊びが苦手」「同じ遊びを繰り返すことが多い」「行動がパターン化捨ている」などです。保育園や幼稚園では「他の子どもにあまり関心がない」「集団で遊ばない」などの行動があるようですね。

アスペルガー症候群チェック方法

 まずは何も考えず、下記のチェックリストで【A】と【B】のどちらに多く当てはまるか、みなさんチェックしてみてください。

 

【A】
・何かをするときは一人でやるほうがいい
・同じやり方を何度も繰り返し用いることが好き
・何かを想像するとき、イメージを簡単に思い浮かべることができる
・自分では丁寧に話したつもりでも、話し方が失礼だと周囲の人に言われることがある
・他のことが全く気にならなくなるくらい、何かに没頭してしまうことがある
・他の人が気がつかないような小さな物音に気がつくことがある
・車のナンバーや時刻表の数字など、特に意味のない情報に注目することがある
・相手の顔を見てもその人が考えていることや感じていることがわからない
・あることを、他の人がどのように感じるかを想像するのが苦手
・他の人の考え(意図)を理解することは苦手

 

【B】
・物事を行うにあたって、難所は乗り越えたのに詰めが甘くて仕上げるのが困難だったことがよくある
・計画性を要する作業を行う際に、作業を順序立てるのが困難だったことがよくある
・約束や、しなければならない用事を忘れたことがよくある
・じっくり考える必要のある課題に取り掛かるのを避けたり、遅らせたりすることがよくある
・長時間座っていなければならないときに、手足をそわそわと動かしたり、もぞもぞしたりすることがよくある
・まるで何かに駆り立てられるかのように過度に活動的になったり、何かせずにいられなくなることがよくある
・つまらない、あるいは難しい仕事をする際に、不注意な間違いをすることがよくある
・直接話しかけられているにもかかわらず、話に注意を払うことが困難なことがよくある
・家や職場に物を置き忘れたり、物をどこに置いたかわからなくなって探すのに苦労したことがよくある
・外からの刺激や雑音で気が散ってしまうことがよくある

 いかがでしたでしょうか。【A】が多かった人もいれば【B】が多かった人、どちらも同じ数だったという人もいるかもしれません。これらのテストは【A】がアスペルガー症候群のテスト【B】がADHDのテストです。

引用:https://bunshun.jp/articles/-/1959

 

アスペルガー症候群・今話題の学習教材「すらら」

すららという学習教材を聞いたことがあるでしょうか?

低学力や発達障害など極端に学習が苦手な方に何とか楽章の機会を提供したいという思いが込められた学習教材です。

 

発達障害の子供も抱えている悩みを御存じですか?

 

勉強につまずいてしまう負のスパイラル

 

このスパイラルがどんどん勉強が遅れていってしまうんですね。そこで「すらら」では

 

 
POINT1 学年にとらわれない無学年方式 学年をさかのぼって、つまづきのある苦手な単元を学びなおすことができます。
 
すららでは専門的な学習をすることで発達障害の子供の実に89.1%の継続率!
 
 
学年にとらわれない学習方法「無学年方式」

でどんどん先に進んでしまう学校や塾の勉強・・・・一つ、つまづくともう追いつかない、やる気もなくなりますよね。すららは一人一人に合わせた学習法なので苦手を残さないんです。

 
一人一人の学習プラン

子供の特性をきちんと聞いてあげて、コーチがそれに合わせた学習計画を立てる。だから無理なく続けられるんですね。

 

経験豊富なコーチの手厚いサポート

発達障害の子供でサポートしてきた経験豊富なコーチ陣が、学習行動の把握、学習プラン設計、相談や質問もしっかりサポートしてくれます。

 

すららが続く理由

見る:見て学べる!アニメーションによる理解のしやすさ 聞く:聞いて学べる!声優さんによる聞き取りやすい授業 話す:じっと話を聞く必要のない、対話型の講義だから飽きない 読む:読んで学べる!1問回答するたびに分かりやすく解説 書く:書いて学べる!記述式の演習ドリル 楽しむ:お子様が毎日、楽しく「やりきる」ための仕組み

すららはゲーム感覚で学習するため記憶に残りやすいんです。集中して、楽しく学習できるんですね。

基礎学力が上がる。おいて行かれた勉強や苦手な学科などに自信が付きます。自分から勉強をするようになってくるんです。自然と成績も上がってきます

学校の数学テストが20点台から80点台にUP!(中学2年生 ADHDのお子さまの実例)学習態度にムラがあり、中学1年生の頃から不登校、適応教室にも通えず学習機会のなかったお子さま。ゲーム感覚で進められる「すらら」を始めたことを機に、高得点を取ることの楽しみを見つけ自分から学校の試験も受けるように。適応教室への通学も再開し、さらに得点を伸ばせるよう頑張っています。

発達障害を専門にしているところと共同開発

子どもの発達科学研究所と共同開発

JAPAN Venture Awards 2015中小機構理事長賞 受賞、2012年 日本 e-Learning大賞文部科学大臣賞 受賞

学習効果と成績アップが実際に認められ、多くの賞も受賞している。

 

 

保護者インタビュー

自閉症スペクトラム障害 中学は家庭学習で出席扱い!才能が開花し高校のテストで満点!すらら利用中の保護者様に、普段の勉強法、家庭での教育方針などをインタビュー。今回は、広汎性発達障害(現・自閉症スペクトラム障害)の息子さんを持つAさん。中学1年生からすららを継続しており、すっかり習慣化しているという息子さんの勉強の様子、家庭で心がけていることなどを伺いました。

「すらら」を知ったきっかけを教えてください。息子は小学生のときに広汎性発達障害と診断されているのですが、中学の途中から事情により学校に通えなくなってしまったんです。集団行動に抵抗のある子なのですが、このままでは将来につながらないだろうと思い、フリースクールに通わせるようになりました。それと同時に、子どもの発達について研究している機関の先生にお話を伺う機会があり、その先生がすららをおすすめしてくださったのがきっかけです。

すららを始めてみて、息子さんの様子はどうでしたか?最初は私が付きっ切りで見て、一緒にやっていくような感じでしたが、慣れてくると自分でどんどん進められるようになりました。息子は小学生の頃、他のタブレット教材をやっていたのですが、レクチャーの画面をただ見ているだけで、内容には全然ついていけてなかったんです。すららの場合、自分で入力しないと先へ進めないようになっていますよね。受け身にならないので、そこがいいなと思います。問題なく、自分で入力しながら進めている息子を見て、これならついていける! と思いました。それ以降、ほぼ毎日すららで勉強しています。

毎日とはすごいですね。どんなところが合っていたのでしょうか?息子は、ユニットの最後に出てくる「まとめプリント」が気に入っているようです。パソコンの画面を印刷するのが好きで、それをファイルにまとめています。すららに出てくるキャラクターも好きなようで、こちらも印刷しては、キャラクターだけのファイルも作っています。ランダムに出てくるキャラクターをコンプリートしようと、勉強をがんばっているようです。発達障害の特性として、「収集癖がある」というものがあり、この点でもすららが合っていたのかもしれません。

「不登校でも出席扱いにできる」と学校から許可出たそうですがどのような経緯だったのですか?「不登校でも、学校以外で学業に携わっていたのであれば、出席扱いにできます」と、中学の校長先生の配慮でお話をいただきました。フリースクールで勉強した実績と、すららの学習履歴を提出し、出席扱いにしていただきました。

無事に高校に合格された今、勉強の状況はいかがですか?主要5教科についてはかなり頑張っています。英語と数学が得意で、テストでは満点近くを取ることもあります。国語は苦手なほうですが、古文や漢文などを習うようになり、「暗記力」で点数を取れる部分も増えてきて、中学の頃よりは苦労も少ないようです。息子は、暗記することが得意で、物理や化学、歴史も好きなようです。

親としてもうれしいですよね。まだほかにも喜びや成績アップの声は届いてます。

まとめ

アスペルガー症候群は見た感じでは判断できない、しにくいんですね。行動や言動をよく見て、もしも疑うならば、夫婦なら片方の話だけ聞いても必ずしもアスペルガー症候群と断定できないんですね。もしかすると相談に来た方がADHDという例も少なくないようです。

 

子供も集団行動が苦手だったり、一人遊びが好きだったりとアスペルガー症候群には特徴があり、学校は子供にはストレスになってしまうかもしれないですね。

 

なんで?と悩むより何に困ってるか?を考えてあげてアスペルガー症候群と道向き合っていくか。を考えなくてはいけないんですね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました