GW2020年・コロナはいつまで?平気な遊び場はある?特徴とおすすめ

レジャー

こんにちは。3人の子供を育てているひげメガネです。

 

さて今回は『GW2020年』についてです。今年のGWはとんだGWですね・・・コロナウイルスの影響でせっかくのGWが台無しになりかねません。何とかGW前にはコロナが終息に向かっていることを願うばかりですね・・

 

そこで今回は『GW2020年・コロナはいつまで?平気な所とかある?』というテーマで『コロナの感染の特徴』と『いつまで続く?』コロナの感染特徴から考える比較的安全な遊び場所はどこか?ってか、そんな場所はあるのか?ということを調べたいと思います。

 

始めにお伝えいたしますが、『絶対感染しないから大丈夫』という場所をおすすめする記事ではございません。あくまでも自己判断・自己責任で秩序を守った行動をお願いします。

GW2020年・コロナウイルスの感染場所の特徴とは?

 

2020年のGWを楽しく過ごしたい・・・けどコロナが怖い・・・まずは『コロナの感染場所はどんなとこなのか?』そして『どんな所に気をつけなくちゃいけないのか?』を調べてみたいと思います。

 

コロナはどうしたら感染するのか?

 

厚生労働省は現段階では感染経路は2種類とのことです。

  • 飛沫感染(ひまつかんせん)
  • 接触感染

があるようです。

飛沫感染とは『くしゃみ』『』『つばでウイルスをまき散らしそれを感染してない人が吸い込んで感染するそうです。

要するに口から飛んでくるものはヤバいってことですかね・・・

 

接触感染とは感染してる人がくしゃみ・咳を手で抑えて、その手で他のところに触ることによってウイルスをまき散らし、感染してない人がそれを触ることで感染するそうです。

つまり、その辺をむやみに触ると感染者が触っているかもしれないから危ないってことだよね?

 

コロナの感染場所は?どんな所に気をつけたらいいの?

 

飛沫感染』と『接触感染』とあることはわかったんですが、コロナは実際どんな場所が危ないんでしょうか?

 

厚生労働省が公表している注意しなくてはいけない場所や場面は

屋内などで、お互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすとき

電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、スイッチなど

とのことです。

 

ということで、コロナの感染場所の特徴をまとめると・・・

人と人が近い場所や屋内や不特定多数が利用する乗物はもちろん、人混みは無くても人が多く利用してる所など手摺とかベタベタ触ると危ないってことですね・・・

この時点でどっか遊びに行けるところあるのか?って思いますね。どこ行っても人は必ずいますからね。ジッとしてる方がいいのかな?せっかくのGWなのにどこにも行けないのは悲しいなぁ・・・

ただ、コロナ感染者が触ったものだとしても、コロナウイルスは手紙や荷物のような物で長時間生き残ることができないと、一般的には言われています。

ってことは、接触感染は、もちろん怖いし油断できないけど、やっぱり飛沫感染の方がより気をつけないといけないってことですね。

 

GW2020年・コロナウイルスの感染・濃厚接触って?

 

感染経路の種類はわかりました。が、もう一つテレビなんかでよく聞く言葉がありますよね。

濃厚接触』という言葉です。疑問ですが、濃厚接触とは具体的に『どんだけいったら濃厚なんだ?』って思いませんか?ちょっと調べてみました。

 

濃厚接触の定義

 

濃厚接触は基本感染者に触れることを指すんですが、直接体に触れるだけのことを指すわけじゃないんだそうですよ。

・・・ってことは・・・・ん?どーゆーこと??

はい。国立感染症研究所感染症疫学センターが『濃厚接触』のことについてこう答えていますよ。

『「濃厚接触者」とは、「患者(確定例)」が発病した日以降に接触した者のうち、次の範囲に該当するものである。

 

1. 世帯内接触者:「患者(確定例)」と同一住所に居住する者

 

2. 医療関係者等: 個人防護具を装着しなかった又は正しく着用しないなど、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」の診察、処置、搬送等に直接係わった医療関係者や搬送担当者

 

3. 汚染物質の接触者: 「患者(確定例)」由来の体液、分泌物(痰など(汗を除く))などに、必要な感染予防策なしで接触した者

 

4. その他: 手で触れること又は対面で会話することが可能な距離(目安として2メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と接触があった者(患者の症状やマスクの使用状況などから患者の感染性を総合的に判断する)』

 

引用:NHK政治マガジン

ちょっと何言ってるかわからないんですが・・・簡単に言ってもらえるかい?

では、1から順に簡単に私なりの解釈で見ていきましょう(笑)

 

1:世帯内接触者

 

『「患者(確定例)」と同一住所に居住する者』とあります。

 

要するに家族に確定したコロナ感染者がいれば家族は『濃厚接触者ってことだよね?

2:医療関係者等

 

『個人防護具を装着しなかった又は正しく着用しないなど、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」の診察、処置、搬送等に直接係わった医療関係者や搬送担当者』とあります。

 

ってことは・・・コロナ患者に対して防御力0で診察してしまった医療関係者やコロナ患者を搬送した人とか、他にも直接コロナ患者と関わったら『濃厚接触者』ってことですね・・・

3:汚染物質の接触者

 

『「患者(確定例)」由来の体液、分泌物(痰など(汗を除く))などに、必要な感染予防策なしで接触した者』と、あります。

 

フムフム・・コロナ患者の体液・分泌物に直接肌が触れたらヤバいってことですね。でも体液と分泌物の違いがよくわかんないなぁ・・・とりあえず、体液って言ったら体のすべての液体の事だから体から分泌されたのは触るとヤバいよ!ってことだよね?

 

4:その他

 

『手で触れること又は対面で会話することが可能な距離(目安として2メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と接触があった者(患者の症状やマスクの使用状況などから患者の感染性を総合的に判断する)』と、あります。

 

コロナ感染者の2メートル以内はまず、『濃厚接触者』ってことでヤバいってことね。そこで、マスクもなにもしない状況・防御力0状態で会話なんかを楽しんじゃうと濃厚接触確定ってことですね。これって医者に限らずってことですね・・・

 

GW2020年・コロナウイルスの感染症状は?

 

コロナに感染した人はどんな症状が確認されているんでしょうか?無症状の人もいるみたいですからね・・・怖いですよね・・・

次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」に連絡した方が良いですよ。

  • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
    (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
    ※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

引用:保健センター

風邪の症状っぽいですね。風邪をひいたら疑った方がいいってことですか・・・イヤー風邪くらいなら病院なんて行かないですよね・・・無症状でも検査するとコロナに感染していたという方もいるようなのでこれは広がりますよね・・・怖いなぁ・・

 

GW2020年・コロナウイルスの感染予防は?

 

コロナの感染予防にはどんなことが有効なんでしょうか?世の中ではマスク・消毒液や関係ないものまでもが店から消えるなんて事態も起きてますが・・・コロナ予防に有効な予防方法は次のように言われています。

 

  • 咳に対するエチケット
  • 手洗いとアルコール消毒(70%以上)
  • 接触物に対する消毒(次亜塩素酸ナトリウム0.1%)

これは潔癖症レベルの予防ですね・・・100%の予防は難しいんじゃないかな?

GW2020年・コロナ自粛はいつまで?

 

コロナの自粛はいつまで続くんでしょうか?GW前までには終息してくれてるんでしょうか?政府の見解や過去の事例からコロナ自粛解除日を予測してみます。

 

まずは政府の見解を見てみましょう。

  • 2月の24日の政府の発表では『1~2週間が収束か拡大の瀬戸際』と会見していた
  • コロナが季節性のものかもまだわからない
  • 現在は流行の初期段階
  • などなど・・・

2020年・3月のコロナは拡大?終息?

 

まずは2月24日から2週間というと3月9日なんですが、もう過ぎてますね。終息どころかWHOがパンデミック宣言出しましたよΣ(゚Д゚)ということはこれは拡大とみていいと思います。

 

SARS(サーズ)コロナウイルスはいつからいつまで?

 

2002年11月にSARSコロナウイルスが確認されました。通称『SARS』ですが、このSARSのピークは2003年の3月~4月とされています。その年の7月には終息したとされています。患者数8,098人、死亡774人で抑え込むことが出来た。

 

予測・2020年のコロナはいつまで続く?

 

SARSの件から考えると、今回のコロナは抑え込みにうまくいってないように思えます。感染者数の多い国4か国をあげると中国が8万813人・イタリアが1万5113人・イランが1万75人・韓国が7979人などとなっています。これは3月13日時点です。

すでにSARSの数をとっくに超えていることが分かりますね。亡くなった人の人数も・中国が3176人・イタリアが1016人・イランが429人・スペインが84人とSARSの時の比にならないことが分かります。

 

その上インフルエンザのような季節性のウイルスかどうかも分かっていない状況、というかむしろSARSが7月で終息したことを考えると今回のコロナはかなりヤバいように思いませんか?

現に専門家会議では長期化の可能性も十分ありうる。年を越すかもしれないとまで言われています。正直、これはGWどころじゃないような気がします。

 

GW2020年・コロナの感染特徴から考える『危険な場所』

 

と、コロナってこんな感じというのが分かったところで、このコロナの感染特徴を踏まえて考えましょう!『GW2020年・コロナが怖いけどやっぱり休みは楽しみたい!

ということで、『ここは間違いなく危ないんじゃない?』って場所をあげてみます。ってか、どこ行っても危ない気はしますけどね・・・

 

コロナの感染特徴から考える。感染が怖い場所の特徴はどんなところなのか?

規模の大小に関わらず、風通しの悪い空間で人と人が至近距離で会話する場所やイベントにできるだけ行かないこと(例えば、ライブハウス、カラオケボックス、クラブ、立食パーティー、自宅での大人数での飲み会など

引用:厚生労働省

 

フムフム・・・ってことは、基本的に、不特定多数の人が集まる所はヤバいよ。ってことですよね・・・室内はアウトってことですか・・・『自宅での大人数の飲み会も』って自宅レベルの集まりもヤバいのかよ・・・

そうなると、GWの旅行はやめた方がいいってことになりますね。食事の時間や温泉など人が集まる所は行かない方がいいんですよね・・・

 

後は、フェスなんかのイベントも人と人の距離が近い場所ですから危険なんですね。ライブイベントで感染した方もいましたからね・・・

 

遊園地関係ももちろんやめた方がいいですね・・・ディズニーもユニバも4月中頃まで休園予定の状況ですからね。それがすべて物語っています・・・

 

政府は『花見も自粛してください』と言ってるくらいなんで、屋外でも人が集まるイベントごとはやめてくれってことですよね・・・

 

一生に一度しかない卒業式や入学式まで自粛・・・これはもう行けるところがないじゃないですか・・・

 

GW2020年・コロナの特徴から考える『行けそうな場所』

 

もう一度お伝えしたいと思いますが、『絶対感染しないから大丈夫という場所をおすすめする記事ではございませんのであくまでも自己判断・自己責任で秩序のある行動してくださいますようお願いいたします。

 

とは言っても、行ける場所なんてもうどこもないような気はしますよね・・・こんな時期ですから、休みをのんびり自宅で過ごすためのアイテムを紹介したいと思います。

GWを家で過ごすアイテム・ボードゲーム


パンデミック:新たなる試練 (Pandemic) 日本語版 ボードゲーム

どうですか?このタイトル!!まさに今の時期にぴったりのタイトルです(笑)

このゲームは、世界中に拡大しようとする感染症の根絶を目的とし、プレイヤー同士が協力し合って、4種類の病原体すべてのワクチンを発見するという、多人数協力型ゲーム。

というゲームです。レビューもいくつか紹介しますね。

世界中で四つの病気が発生し、それが蔓延(パンデミック)する前に全ての種類のワクチンを開発するというゲームです。
さまざまななスキルを持った職業の人物になり、刻一刻と広がる病気を抑えながらワクチンを開発していきます。
限られた手札の中で病気の蔓延を防ぎつつ、ワクチン開発に取り掛かるというバランスが絶妙に難しいゲームです。
小学二年生と夫婦の三人でやっていますが、まだクリアできていません。
子供はまだ完全にルールを把握していませんが、じわじわと病気が広がるスリルと、除染してワクチンを作る使命感が面白いようです。
みんなで協力してクリアを目指すので、一人負けがないのでフラストレーションは溜まりにくいのではないでしょうか。
また、スムーズにやれば30〜40分で1ゲーム出来るボリュームです。
参加者で色々協議しながら楽しめる良いゲームと思います。

前々から興味はあったのですが、最近までかなり価格が高くなっていたので購入を断念ちてました。
再販(?)されたのをきに速攻で購入しちゃいました。
実際やってみるとルールもそんなに複雑ではなく、個々の演じる役割とウィルスの進行具合で全体の進め方も変わるので毎回違った展開になることが多く非常に楽しい!
毎回、すれすれで勝ったり負けたり(負けの方が多いのですが……)
負けても、どうやればよかったか話し合って、次のゲームに!と協力してる感が非常によいですね。
皆でわいわいできる、良質なボードゲームだと思います。
興味のある方は買って損はないと思いますよ!

手順が多くて、なかなかテンポよく進まないんですよね。
いつも何か1つやり忘れて、あれっ?てなる。
あと、自分のコマが何の役割なのかすげー分かりにくい。もう少し分かりやすくしてほしい。4人でやるとどれが誰のか分かんなくなります。病原体のコマも多いし、複雑で困ります。

あと、協力型のボードゲームなので、コンセプトとしてはいいんだけど、結局みんなで知恵を出し合う必要もないです。1人の人がある程度作戦考えて、それに乗ってけば大体終わり。
それから、こちらで考えた作戦がうまくいったのかどうなのか、それが分かりにくい。
「最後に勝てたのは、ここでの判断がターニングポイントだったな!」みたいなのが分かんないんですよ。やっぱり対人じゃないからかなあ…ボードゲームって、その流れの部分をどう作るか、いつ勝負に出るか、そういうのが楽しいじゃないですか。このゲームはそれがよく見えてこない。そう考えると、カタンなんかは実によくできたゲームだと言うことが分かりますよ。

そんなわけで、協力型のよくない面も十分に分かります。あんまりおすすめできません。

多いのは面白いと言った感想でした。ただ購入するのに値段で躊躇してしまうことがあるようですが、買ってやってみると、それ以上の価値はあるとの意見が多かったですね。

 


バウンス・オフ! CBJ83

こちらはルールが簡単な家族で楽しめるボードゲームです。年間100万個以上の販売実績のボードゲームが日本に登場しました(笑)口コミも紹介します。

 

高齢者の介護施設で働いているので、お客様もできそうだなと購入をしました。

期待以上で、ルールがシンプルなのに、なかなかその形に揃えられないので、お客様も出来て、しかも燃えるという最高のおもちゃです。
男性のお客様で普段はじっとあまり話さないような方も、悔しがって何度も何度も挑戦されていて、買ってよかったです。

幼児、小学校低学年、高学年のいる家族で、なるべく大人もガチ勝負できるアナログゲームを集めています。

「ボールは真下に落とすと真上に返って来るよ」などと少しヒントを出しながら楽しんでいます。
至近距離から小さくバウンドさせて一番手前に並べるのが一番簡単なのですが、大人は敢えて奥側に揃えるようにするなどしてしれっと実力差の補正ができます。
とは言え、課題によっては大人も思い通りにいかないので十分楽しめます。
3歳の末っ子にもミラクルショットが出たりして、年の離れた兄弟のいる家族にもオススメのゲームです

 

一度ボールをバウンドさせてボールを決められた並びに揃えるゲームです。
大人でもなかなか狙い通りにはいかないので単純に楽しめます。
テレビゲームばかりやってしまう子供にはたまにこういうゲームで
遊ばせると新鮮で楽しめるのかなと。
オリジナルのルールを加えたりする工夫次第で面白さは広がります。

追記
100均でオレンジ色のピンポン玉を購入して
無理矢理3人で遊んでみました。
玉のサイズもほぼ一緒で、できなくはないです。(^_^;)
大勢で遊べた方がいいですよね!

高学年の兄弟へのプレゼントで購入。
遊び方を変えて、オセロのように両側を挟んだら相手のボールを取れる、というルールが大ハマりし、大人でも楽しめます。
おすすめです。

これはかなり良い口コミでした。遊び方もそれぞれ工夫して遊んでいるようですね(笑)このボードゲームはおすすめですね(笑)

 


ねことねずみの大レース (Viva Topo!) PG66003 ボードゲーム

 

幼稚園の年長さんくらいお子さんでも楽しめます。ルールも簡単、片付けも楽々のボードゲームです。口コミもいいですよ。

少し値段が高かったので迷いましたが、買ってよかったです!年長の子供と買ってから毎日やってます。大人も楽しく、程よい時間で終わります。
ルールはとても簡単で、後ろから迫ってくる猫に追いつかれないようにゴールを目指しながら、ゴールに近づくほどサイズの大きくなるチーズを沢山集める事。他のネズミの動きを見ながら、どこにあるチーズを目指すか戦略を考えたり、サイコロで猫の目が出るたびに大騒ぎ!
サイコロやネズミ、猫、そしてチーズが木でできており本当に可愛いのです。
日本語の説明書もしっかり入っており良かったです。子供との遊びにボードゲームは本当におすすめです。

正月休みに家族で楽しむために購入しました。猫に捕まらないように、チーズを出来るだけ沢山ゲットするゲームです。5歳と7歳の孫も夢中になって何度もゲームを繰り返していました。子供たちは最初は猫に捕まらないことを優先して早々と退避ゾーンに入ってしまい、ゲットするチーズも少なかったのですが、慣れてくると大きなチーズをゲットするようにゲームを進めていました。欲張りすぎてネコに捕まってしまい、子供が大泣きする場面もありましたが、それだけ本気にゲームにはまり込んでいたのでしょう。子供たちもリターンとリスクについて学んだことと思います。

GWを家で過ごすアイテム・カードゲーム


ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム

対象年齢も低く8人まで遊べるカードゲームです。しかも老若男女遊べるというまさにファミリー向けのカードゲームです。口コミを見てみましょう。

親戚の子供からオトンオカンまでみんなで楽しめるゲームです。
なによりインストがめちゃくちゃ簡単です。
うちのオトンオカンなどは、はげたかのえじきやワードバスケットあたりのライトなゲームすらもルールを聞くのを億劫がりますが、これは「必ず同じ絵があるからそれを言いながらどんどん出すだけ!」で済みます。
ボドゲ初めての人とやるには導入として最適ではないでしょうか。
紙箱じゃなくて金属のケースなので、潰れるのを気にすることなくカバンに入れて持っていけるのもかなりのメリットです。サイズは画像のとおり小さめなので、UNOやトランプの代わりに旅行に持っていけます。
一家に一ドブル。おすすめです。

3歳の子供と一緒に遊ぶために購入。初めてのカードゲームで、ちゃんとルールを理解して楽しめるか不安でしたが、非常にシンプルなルールかつ、よく出来た作りのため、飽きずに遊んでくれています。
風呂上がりに「ドブルしよ!」と言ってくるくらいハマってます。

●遊び方
55枚のカードにそれぞれ8種類のイラストが書いてあります。任意の2枚を選ぶと、どちらともに必ず同じイラストが1種類のみ存在するように描かれています。遊び方は複数あるようですが、その同じイラストを早い者勝ちで当てる遊び方をしています。
パッと2枚めくって、「ドクロ!」といいながら指を差し、早い人が勝ち、という具合です。かるたみたいな感じで、瞬発系の遊びです。

最初のうちは子供相手なので手加減をしていましたが、慣れてくると本気を出しても負ける事があります、、、そういった意味でも、子供も大人も一緒に楽しく、時に本気で遊べるカードゲームです。

幼児も大人と対等に闘えるよく出来たゲームです、
ちょっとした時間でも楽しめるミニゲームなので、忙しい時でもちょっとだけ子供と交流できる点が素晴らしいと思います。
(子供に負けるとちょっと熱くなります・・・)

対象年齢が6歳とありますが皆さん3歳くらいのお子さんと遊んでるようですね。しかも対等に遊べるということですし、持ち運びも便利という旅行にも持っていけるお手軽さ(笑)これはおすすめです!!

 


ナインタイル

東大生も遊んでいたというカードゲーム。頭を使うとのことです。でも、ルールは簡単(笑)口コミも見てみましょう(笑)

最高に楽しい。5歳の孫から娘、私と
老若男女、家族全員で遊べます。
いろんなパターンがあるので、長時間遊んでも飽きません。

ルールは簡単。9つのタイル柄をお題に合わせて並べ変えるだけ。

最初はどうして9つだけのタイルで何通りも揃うのか不思議ですが、慣れるとコツがつかめます。脳トレと言われますが、直感なら年少者が上を行き、幼児に負けることも(笑)

コンパクトで場所を選ばず、またキュートなデザインは年齢を問わず楽しめるため、家族や親類での異世代交流で活躍しますよ。

TVで東大生がやっていると聞いて、その時は高値になっていたので、時期をずらして買いました。
思ったより小さかったです。
カードは子供の手のひらぐらい。
小3の娘と遊んでいますが楽しいです。頭を使います。
カードの触り心地が良くて、絵も可愛いです。
プレゼントにも喜ばれると思います。

6歳の孫と、お正月に楽しんで遊びました。単純なルールで簡単。しかし、カードの種類(4種類)のマークの大きさが、小さすぎて、分かりにくかった。

5歳くらいの子供でも遊べるのは有難いですよね。ただ字が少し小さいので老眼の方は見づらいのかもしれませんが、面白さは評判もいいのでGWにいかがでしょうか?

GW2020年・コロナの感染拡大防止にできること

 

やっぱりこんな時期ですから自粛をするのが一番いいと思います。世の中ではコロナは怖いと言われています。重症者や死亡者もそれなりにいらっしゃいます。感染も全然お抑えられていません。

 

その原因は風邪だと思っている軽い症状のコロナ感染者が多いからです。怖いと言われていますが、若い方は重症化する人はホントに少ないウィルスのようです。軽い症状の方が、感染力の強いウィルスをかかると重篤化してしまう方に移しまくっている

 

というのが現状です。少しでも風邪っぽい症状がある方や、家族や周りで風邪っぽい方がいる場合は『自分も!?』と疑うべきなのかもしれませんね。

まとめ

 

GW2020年・コロナウイルスは終息してるか?ということですがこれは終息の見通しは立っていないとみる方がいいと思います。むしろこれからなんじゃないかとも考えられます。

 

やはりみんなの自粛の行動がいち早く終息させる近道なような気がします。早く気にしない生活を送る為にも一人ひとりの行動が大事だと思いました。

 

とはいえせっかくのGWです。だらだら過ごすのもいいかもしれませんが、こんな機会ですから、家族とボードゲームやカードゲームで楽しく過ごすのも悪くないんじゃないでしょうか?

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました