発達障害とは?子供の学習方法も「すらら」で解決!原因は遺伝?

子育て

発達障害とは?原因は遺伝?ADHD・ASD・LD・グレーゾーンの子の学習は?

 

こんにちは。3人の子どもを育てているひげメガネです。

 

発達障害って具体的にどのようなものなんでしょうか?もちろん自分の子どもの事ですから健康で元気に育ってくれるのが一番の願いです。

 

今日は発達障害について色々調べてみました。

発達障害とは?

発達障害とは、生まれつきの脳機能の発達のかたよりによる障害です。得意不得意で社会生活に難が出てきます。見ただけではわかりにくいのと、人それぞれ困りごとや悩みは違いがあります。

 

発達障害の3つのタイプ

自閉症スペクトラム(ASD)

  • アスペルガー
  • 高機能自閉症
  • 広汎性発達障害

学習障害(LD)

  • 読字障害
  • 書字表出障害
  • 算数障害

ADHD(注意欠落・多動性障害)

  • 不注意優勢型
  • 多動性-衝動優勢型
  • 混合型

と大きく3つに分類されます。個々で症状や特性は異なります。一つずつ見てみましょう。

発達障害・自閉症スペクトラム(ASD)とは?

コミュニケーション能力に困難があり、興味や関心の幅が狭く物事に強いこだわりがあります。同じ行動を繰り返したり、柔軟な思考や変化への対処が難しい人もいます。ASDの中にも様々なタイプがあり、知的障害や言語障害を伴う場合もあります。

発達障害・学習障害(LD)

知的発達に大きな遅れはないのに、書く・読む・聞く・話す・計算するといった特定の行動が困難な状態です。多くの場合は学齢期になってはじめてわかります。

 

読む能力はあっても書くのが苦手、数学だけが理解ができないなど、得意不得意の差が大きかったり、ある特定分野に偏りが見られたりすることが多いです。

発達障害・ADHD(注意欠落・多動性障害)

「気が散りやすい」「集中力がない」「忘れっぽい」「落ち着きがない」「思いつきで行動してしまう」「しゃべりすぎる」「待てない」など、年齢に見合わない不注意、多動性・衝動性によって学業や日常生活に支障が出てしまいます。

感情や行動のコントロールをするのが自分では難しく、また周りから批難や叱責を受けてしまいがちです。

発達障害のグレーゾーン

グレーゾーンは発達障害の特性はあるけど、基準を満たしていない状態で実際明確な基準はないからここからが発達障害とは言えない、言いづらい人もいるようです。

発達障害の原因は?遺伝?

発達障害の詳しい原因はわかっていませんが、ケースによって異なりますが、現在、先天的な脳の機能障害による発達や認知の偏りという説が有力のようです。

 

遺伝と言われてはいますが必ずしも遺伝するというわけではなく、複数の遺伝要因や環境要因などが複雑に影響して現れると考えられています。

 

なので、なってしまった原因を探すよりもどう向き合うか、何に困ってるのか?などを考えましょう。

発達障害の子のよく見る困っている事

  • 言葉の遅れ

    言葉が出ないなど、年齢に見合った言葉の発達が大きく遅れている。

  • 感覚過敏

    光や音に敏感で、嫌がる。感触にこだわりがあり、決まった服以外着られない。好き嫌いが多く、偏食。

  • 感覚鈍磨

    感覚の反応が鈍く、刺激や痛みに鈍感。

  • こだわりが強い・変化が苦手

    同じおもちゃでないと遊ばない、スケジュールが急に変わると活動できないなど、日常生活に支障が出るような強いこだわりがある。

  • 忘れ物や不注意が目立つ

    忘れ物をしたり、うっかりミスが多い。片付けや整理整頓が困難。

  • 我慢できず行動がコントロールできない

    じっと座っていることが難しい、集中することが苦手、おしゃべりがやめられない。順番を待つことや我慢することが苦手で、カッとしたりイライラしたりしやすく、些細なことで手が出てしまう。先生の指示で動いたり周りと合わせて行動したりするのが苦手。

  • 周囲とのコミュニケーションが苦手

    周りの子どもとコミュニケーションを取ることが苦手。一人遊びが多い。

  • 癇癪・自傷行動

    思いがけないことや気に入らないことがあるとパニックになったり、激しい癇癪を起こしたりする。頭を壁などにぶつける、髪の毛を抜く、手や爪を噛むなどして自分を傷つけてしまう。

  • 学習面での困難

    読み書きや算数など、年齢相応な学習が苦手。できるものとできないものの差が極端。授業についていけなかったり、宿題にとても時間がかかることがある。

不器用・運動面の遅れ(発達性協調運動障害)

運動の調整や力加減が苦手で極端に不器用。体がクニャクニャとしている場合もある。筆圧が弱く、指先がうまく動かせずに大きくなっても食べこぼしが目立つ。

 

これらの困りごとや行動の背景には、音に過敏で学校で集中できない、姿勢を保つことができず椅子にきちんと座れない、言葉の遅れからコミュニケーションが取れず友だちに手が出てしまうなど

 

各々の特性や症状が複雑に関係していることもあります。特性が理解されないまま、「困った子」「できない子」として誤解され、叱られることで、やる気や自信をなくしてしまいがちです。

 

不登校や引きこもり、うつ、反抗挑戦性障害といった二次障害を防ぐためにもこれらの兆候を見逃さないことが重要です。

発達障害・悩まない子供の学習法

継続率89.1%「すらら」って知ってますか?小学生~高校生までの国語・数学・英語に対応していて、学年問わず学習ができるんです。

発達障害・なぜ学習が大変なのか?

教育環境の影響が関係してます。

学校教育

期間内にここまで授業を終わらせる。というのが定められているので大体の子供が理解をしていれば次に進んでいくのでペースについていけない子供はもちろん出てくるんです。

通信教材

1人で学習する方法は、途中で挫折したり継続できなかったりすることが多いんです。

塾は家庭でも勉強が必要です。そうすると自宅での学習が身につかず成績が思うよう上がらないともなるようです。

 

 

発達障害・ところで「すらら」って?

 

だから続く・成績が上がるんですね。

発達障害の子も「すらら」なら成績が上がります。その3つの理由

 

すららの受講料は?

と料金的には、まぁ普通の学習教材と変わりはありませんね。内容がいいですよね。小学校1年から中学校3年までの学習ができるのは他にないですよね。

発達障害・まとめ

向き合うしかないですからね自分の子どもの成長を学校だけに任せておいてもついていけなければ、おいて行かれちゃいます。塾に行っても学校よりもっと先に行ってますからついていけないですよね。

 

1人1人に合わせたペースで焦らないで復習もできる「すらら」おすすめです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました