【体験談】娘のチャレンジ体験・成績は上がる?勉強時間は?他の機能は?

未分類

毎日チャレンジ5分ほど、結果から申しますと成績は上がりました。

2019年2月現在6年生の娘がいます。春には中学生です。進研ゼミのチャレンジは6年生の夏休み前から始めました。結果から申しますと学校のテストの点数と成績は確かに上がってますね。

なぜでしょう?チャレンジはほんとに3分~5分くらいしかタブレット開いてないんですよね。私と妻も不思議に思ってるんですよ。

なぜ6年の夏休みからなのか。私事ですが

これからは私の経験と子育て論です。そしてなんで進研ゼミの「チャレンジタッチ」にしたのかです。色々意見はあると思うんですが「こんなやつもいるのか」と楽に読んでください。

 

子供は遊ぶのが「仕事」

 

私が子供の頃は雨が降っても雷が鳴っても毎日暗くなるまで遊んでました。うちの子供あんまり外に遊びに行かないんですよ。帰ってきても「今日遊ばない」といい宿題を始める。終わったらタブレット開いて「YouTube」をずーっと見てる。

 

「コイツ友達いないのか?」なんてことも思いましたし聞きました。まぁなんといいますか 時代なんですかね。

 

私は子供にはとにかく「遊べ」「小学生は遊ぶのが仕事だから勉強は学校だけでやってこい。わからなかったら休み時間を使って先生のところ行ってわかるまで聞いてこい」

 

なんて偉そうに言ってます。私が子供の頃そんなことやったことなかったんですけどね・・でもこれが学校だと思ってます。放課後の居残り勉強会みたいなのにも積極的に参加させてます。

 

とにかく家では「勉強しろ」とは一言も言いません。私が子供の頃にそれ言われると余計やりたくない。うるさい!と反発してしまう。そうなるのはわかってましたし塾も行きたくないのに行かされました。

 

そのうち「今日、休み時間に○○ちゃんと先生のとこに聞きに行ってきた。わかったよ」なんて話もちらほら聞くようになりました。

 

娘のこの頃の成績はテストの点数は平均60点くらいでしたね。たまーに80点。我が家は100点を取ると50円~100円のおこずかいをあげる制度です。ですがこの成績なんでほとんどあげてません。

 

けっしていい点ではなかったですが「遊びは仕事」は言い続けてました。

 

「遊びが仕事は6年の夏休み前まで 夏休みからは勉強も始めること」は言ってました。

 

なぜ夏休み前までなのか、単純な話6年生の勉強ちょっと難しくなってくるんですよね。私たち夫婦は恥ずかしながら中卒です。宿題教えるにも限界が・・・(涙)

 

中学での勉強は少しわからないところが出てくるといっきについていけなくなるのも経験済みです。

 

私は実体験から夏休みでの予習復習が大事だとわかってたんです。

 

なぜ塾ではないのか?それは本人が行きたくないからです

別にでも公文でも進研ゼミでも家庭教師でもいいんです。塾とか公文とかって親が行かせるもんじゃないと思うんです。

 

実際行かされてた私は行きたくない塾なのでまったく勉強しませんでした。もちろん成績だって上がる訳ないんですよね。

 

そりゃそうですよね。本人がやる気ないんですから

 

娘にも一応 友達も塾や公文に通っているみたいなんで「塾行くか?」って聞いたんですが返事は「行きたくなーい」でした。「んじゃどーやって勉強するんだ?」

 

て聞くと娘は前から「チャレンジやりたい」と言ってたんです。でも勉強がしたいわけじゃないんですよ。目的は「タブレット」や付属の「機材」です。(なんに使うんだ?コレ

 

私との約束があるので夏休み入るちょっと前6月くらいだったかなぁ?チャレンジタッチを始めたんです。

月々も5000円ちょいくらいなんで行きたくない塾行くより全然安い

大丈夫か?その日、その日の勉強時間が短い

始めた当初に見ていて感じた事です。とにかくタブレット開いてる時間が短いんです。確か案内には「1日15分」とかって書いてあったような気がするんですが

 

正直15分でも短いですよね。で実際娘のタブレット開いて勉強してる時間なんですけど「5分~10分」ですね。ほとんど5分くらいで閉じてますね。(笑)

 

聞くと「今日の課題は終わったから」っていうんですよ。「なにこれ?ほんとに大丈夫かよ」ってなりますよ。

 

で、タブレットの様子を隣で観察してたんです。

 ↑こんな感じ↑

答えた後に解説も出ます。娘は読みもしない(怒)

そして結果出てるのかもわかんなかったです。すぐ夏休み来ちゃったんで

 

 

でも一応続いてましたよ。そりゃ5分で終わるんですからね(笑)ただ選択問題なんで「これ違うならこっちが正解か」なんてやり方してたんです。

 

 

間違えた理由もきちんと解説してくれてるのに読まないで飛ばしてたんでさすがに怒りましたね。終わると課題の成績が表示されます

↑こんな感じ↑

間違いがあれば解きなおしもできるんです。何回でもできます。知らなかったんですよ。解きなおしが何回もできるなんて。メールで今日の取り組みと結果が届くんです。

 

娘は解き直しが何回もできること知ってたのに1回しか解き直ししてなかったんです(怒)まったく!!

↑こんな感じ↑

さらに 「ちょっとタブレット見せて」と内容見たら5分で終わるのは本日の課題くらいで他に色々コンテンツが入っていて15分でも30分でもやれることはたくさんあり各教科をゲーム感覚でやっていくアプリなどほんとにやることがたくさん詰まったチャレンジタブレットでした。

 

ということで「お説教」毎日20分集中してやること。と解き直しは100点取れるまでやる事。

 

出来なければ遊び行かせない上に塾に変える。

 

って約束をしました。(これが発覚したのが3月、9か月も色々理解してなかった)

 

 

夏休みの読書

読書感想文の本もタブレットには入っていて図書館に行ったり 行っても借りられててない とかってこともないので助かりました。

 

夏休みが終わって

 

テストの点数に変化がみられました。100点もちょこちょこ持ってくるんです。10月11月頃には学校では受験組が騒ぎ始めます

 

冬休みに入る時の2学期の成績表は今まで「よくできる」が1つもなったんですがなんと数個ついてるんです。

 

驚きましたね。「チャレンジの実感あるの?」って聞いたんですけど娘の答えは「いやーわっかんない」とのあっけらかんの答え 

 

一応学校での先生の話はチャレンジでやったのも出るしまだチャレンジでやってないのもでるみたいですね

 

けど実際100点や90点のテストが増えている。勉強時間も5分ほど・・・ホントになんでかわかりませんでした。

 

 

年明けの3学期には受験組のイライラはピークのようで普通進学の子たちに当たり始める子も多くいたみたいで娘は怒ってました。

 

がテストの点数では毎日何時間も勉強している受験組の子たちとさほど変わらない点数や中には勝っているテストもあるらしいのです。

 

本人がどんくさい感じの子なんで気づかないうちに身についているのかもしれません。学校ですでにやった勉強だったりまだやってない内容だったりと予習復習ができているのかもしれないです。

まとめの問題集も付属でついてきます。これは妻が答え合わせを一緒にやっています。(妻は答えみてもさっぱりわかってないですけど笑)

 

 

 

まとめ

  • 成績は確かに上がる
  • 5分くらいの勉強だけ。(もっとやることはあるけど)
  • 月々も5000円ちょい
  • 勉強で束縛しない
  • 全学年の復習ができる
  • 中学生の予習もすでに始まっている
  • 読書もできるし本の数も豊富
  • 楽しめるアプリが入っている
  • どうやらポイントで景品と交換できるらしい(娘はやってないけど)

がまとめになります。いきなりドンッと成績が上がった訳じゃないので実感が湧きづらいのかもしれないですね。テスト100点増えたのは親としてもうれしのでチャレンジやってよかったと思っております。通信簿も確かに上がっていますし中学入っても続けてやらせてみようと思います。本人次第ですけど(笑)

最後まで読んで頂きありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました