【堀ちえみ】舌癌(ぜつがん)について。家庭でできる話題の検査キッド

堀ちえみさんの舌癌とは?

舌癌は舌に発生する癌だそうです。そのままですね。この癌は舌の先端にできるのは稀で主に側面に発生することが多いようですね。では症状や生存率など見ていきましょう

症状について

典型的な症状は舌の側面部分に硬いしこりができるようです。口内炎と似ていることで初期段階では正確に見極めることは難しいみたいですね。

疑いとしては口内炎の薬を使って2週間くらいたっても治らないようなら疑ってみた方がいいらしいです。

私も書いていて口の中にしこり無いか確認しちゃいました。口内炎って案外身近だから怖いですよね。しこりが触れるくらいになってるとヤバいっぽいですよ。

他にも血が出たり痛みがあったり口が臭くなる(口臭)みたいな症状も出るみたいです。

ステージと生存率

ステージ

舌癌のステージは

0期・Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期・Ⅳ期に分かれているようです。Ⅳ期は広がり具合でさらにA・B・Cに分かれてるみたいです。転移が結構心配されるみたいです。

生存率

気になる生存率については

  •   (ステージ)     5年生存率
  •     Ⅰ期       94.5%
  •     Ⅱ期       78.7%
  •     Ⅲ期       58.8%
  •     Ⅳ期       45.1%

と思いの外生存率は高くなっているようです。少しホッとしましたけが、転移の可能性を考えるとやはり怖い病気ですね。とくにリンパに転移しているとやばいですね。

堀ちえみさんはステージⅣですから生存率が50%を切ってしまいます。ほんとになんとかなれ!と願うばかりです。早期発見が治すには必要ですね。

ちなみに

生存率が一番低いと言われている癌は

すい臓がんのようです。あの名監督の「星野仙一」さんや元横綱で親方の「千代の富士(九重親方)」もすい臓がんでお亡くなりになりました。生存率はなんと10%以下の7.7%だそうです。

なんでこんなにすい臓がんが治すのが難しいのかというと

1.早期発見が難しい。

すい臓の役割は消化液やホルモンを出すのが仕事のようで食道や胃みたいに違和感を感じることがあんまりないからみたいです。

2.治療がしにくい。

臓器手術の中でもめちゃくちゃ難しい手術みたいです。

3.再発・転移が多い。

元々のすい臓の役割が原因のようで再発と転移がしやすいみたいで全身転移もあるみたいです。怖いですね。

定期的な人間ドックは必要ですね。健康診断だけではわからないみたいですからねー。人間ドックは時間もお金もかかるけど仕方ないですよね。

舌癌の原因について

飲酒・喫煙・歯の刺激

舌癌の原因として挙げられているのは喫煙・飲酒が大きいみたいですね。喫煙や飲酒が原因だと思われているのは食道がんや胃癌もその一つのようですね。

タバコの煙やお酒が舌・食道や胃などに触れることで発生する可能性があるみたいです。

他にも舌が歯にあたることで慢性的な刺激により舌癌が発生するともいわれてるみたいです。身近すぎて気を付けようがないですね。

舌癌は同時に食道がんや胃癌も疑った方がいいみたいです。堀ちえみさんは舌癌と左首のリンパに転移があったようです。ご本人が一番頑張ってらっしゃるので何も言えませんが治って元気になってもらいたいです。

このリンパへの転移は珍しいものではないようで 早期の舌癌でも血液とリンパの流れが舌はいいみたいでそれに乗っかって転移する厄介な癌みたいですね。堀ちえみさんがまさにそれですね。胃と食道とかは平気なんでしょうか?

まとめ

  • 口内炎が薬を使っても治らない場合舌癌を疑いましょう
  • 舌癌自体は生存率は高いですが転移が多く心配
  • 原因は喫煙や飲酒や歯の舌への刺激といわれている
  • すい臓がんはとにかくヤバい
  • 定期的な人間ドックを受けたい

↓男性用↓

 

↓女性用↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました